「ビーツ」は、“奇跡の野菜”、“食べる輸血”と言われるほど、栄養素が豊富。
また、最近注目を集めているのが、ビーツを摂取することにより体内で産生される
「NO(一酸化窒素)」で血行を改善する役割があると言われています。
ビーツといえば、赤色がメジャーですが、赤と黄色の色素は総称して「ベタライン色素」
と呼ばれており、高い抗酸化作用を持っています。

ならはら菜園の一押しポイント

動物性肥料・化学肥料不使用の土から生まれるビーツは
色がきれいで、味わいも程よい甘みがあります。

ベビーリーフデトロイトと合わせて実の大きさなどは
ご相談に応じます。

   

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。